カテゴリ:旅行・イベント( 11 )

東京旅行〜手紙舎

「今度こそはゆっくりと!」と毎回思うけど
毎度慌ただしく過ぎて行く東京旅行。。。

今回、震災時にたくさんの方にお世話になって
その御礼をしに会いに行きたかったのですが、
みんなに会うことは叶いませんでした。

でも、私、忘れてませんーーー!(> <)
必ずや、なんらかの形で!!!


------------------------------------------------------

そんな東京最終日、パタパタと「手紙舎」へ。
ゆっくり訪れるつもりが、結局パタパタになっちゃったけど
とても素敵なところでした。

場所は京王/つつじヶ丘駅から徒歩10分ほど。

駅を降りると、のどか〜〜な空気。
天気のいい日だったせいもあって、
空の青と、沿道のつつじのピンクと、立ち並ぶ団地の白い壁、
それぞれのコントラストがすごくきれいで印象的でした。

d0159504_15172544.jpg


すっごい「昭和」を感じる団地の一角にあります。
それもそのはず、ここは昭和40年に建てられた団地だそう。
でもなんだかとっても落ち着く懐かしい感じ。
やっぱり昭和生まれだからかな。。。(^_^;)

d0159504_15363272.jpg

d0159504_15375523.jpg

看板も素敵。
「ヒバリ」っていうのは併設されているごはん屋さんの名前。

d0159504_15423785.jpg

おむすびセットをいただきました。
母にこの写真を見せたら「鳥のご飯みたい!」って言われちゃった。
まぁ、、、葉っぱメインですから無理もないけど
でもとても美味しかったですよーー。
他にカレーもあって、そちらも気になったな。

キッチンの様子。
d0159504_15455287.jpg

こんなに素敵なごはん屋さんなのだけれど
この「ヒバリ」さんは5月いっぱいでいなくなってしまうのだそうです。
その後は入ってくれるごはん屋さんを募集中とのこと。
こんなに素敵な場所だから、引き続きごはんが食べれるようになるといいなぁ。


d0159504_15502776.jpg

お店の奥で雑貨も売っています。かわいい「紙もの」がたくさん。
「紙もの」に目がない私にはパラダイス。
何に使うのかわからない、小っさい封筒とか、
それどーするの?っていうパラフィン紙とか、買っちゃう。。。

店の中から外を眺めたところ。
d0159504_15541464.jpg


店の入口と奥が開け放たれているので
風が吹き抜けて気持ちが良かった。
映画「プール」に出て来たキッチンみたいな感じ。
外のような、中のような、境目のない空間。

新幹線の時間が迫って来て、友達とふたり、電車までダッシュ。
久しぶりに駆け込み乗車したよ。。。
今回はものすごく後ろ髪引かれる思いで後にしたけれど
珈琲とケーキも美味しそうだったーー!!!

今度来る時こそは!のんびりしたい〜

-----------------------------------------
帰って来てから。

新聞を読んでたらこの団地のことが記事になってました。
タイムリー!

d0159504_1637172.jpg


この記事に出て来る方は趣味の「団地鑑賞」が高じて
この神代団地に入居したんだそう。
「公団ウォーカー」というサイトまで開いています!
[PR]
by tori78 | 2011-05-10 15:18 | 旅行・イベント

東京旅行〜藤城清治自宅スタジオ展

その日の朝、ボーっと朝のワイドショーを見ていた。
藤城清治さんの展示をアジアンの二人が紹介してた。

「へぇ〜こんなのやってるんだ〜でもどっか遠くでやってるんだろな」

と思ってた。

その日、久しぶりに会った友達と、さてどこへ行こうと迷った時
ふと、今朝みたアジアンの二人の顔を・・・
いや、藤城さんの展示のことを思い出してどこでやってるのか調べてみたら。

洗足!

これが、偶然にもその友達が以前住んでた場所。
私もよく遊びに行ってた懐かしい場所。

行ってみたら藤城さんのスタジオは友達が住んでた場所の結構近く。
全然知らなかった!住んでる時に知りたかったー!と友達。
私も、今朝アジアンが教えてくれてなかったら知らずじまいだったろうなぁ。
アジアンに感謝。笑

d0159504_16254361.jpg

藤城さんてば、いろんな動物を飼ってるの。
まず入ってすぐのところにフクロウのクック。
カワセミもいたよ。
d0159504_16291741.jpg

猫もアビシニアンとエジプシャンマウがいた。
他にも犬のサルーキーがいたり金魚がいたり!

------------------------------------------------------------------

子どもの頃、母が読んでいた「暮らしの手帖」のおはなしのページが大好きで
寝る前にそのページを読み聞かせてもらうのが楽しみだった。
藤城さんの挿絵を見ながら、お話の世界を想像していたのを懐かしく思い出す。

d0159504_16413820.jpg


d0159504_1643424.jpg

藤城さんの道具はカミソリの刃!
こんなに細かい影絵を、指にぐるぐるテーピングをしてカミソリの刃を使って切り取る。
すごい。。。
d0159504_16472536.jpg

猫のダンスパーティ。かわいい。

藤城さんといえば影絵だけれど、油絵の展示も数点あった。
女性を描いた油絵があって、解説文を読んでみたらなんと奥さんだとの事。
しかも、その絵のモデルになってもらった事がきっかけで結婚に至ったのだそう。
絵、描いてみるもんだねぇ〜。

今回、グっと来たのは「三春の滝桜」。
今年もきっと変わらずに花を咲かせていただろう滝桜。
この滝桜を安心して見に行ける日は戻ってくるんだろうか?
こんなにきれいなのに。
d0159504_16504570.jpg


懐かしい洗足で懐かしい藤城さんの影絵。
なんだかノスタルジックで、
短い時間だったはずだけど、旅に出たような不思議な時間でした。
d0159504_1772219.jpg


「藤城清治自宅スタジオ展」は5月29日まで開催中。
御年87歳の藤城さんに直接会えるサイン会やトークショーも。(サイン欲しかったな!)
お近くの方はぜひぜひ。
[PR]
by tori78 | 2011-05-09 16:31 | 旅行・イベント

東京旅行〜友達の子どもとお散歩

お腹の中にいるときから知っている
友達の子どもに、1年ぶり?くらいに会った。

子どもの成長の早さに驚く。
子どもがこんなに成長してる間に、自分は何やってたんだろう?!
赤ちゃんだった子がしゃべれるようになってるんだから
自分もこの子が赤ちゃんの頃から英語の勉強でも始めてれば
今頃この子と同じくらいにはしゃべれるようになってたのでは?!と毎回思う。。。苦笑
d0159504_1444325.jpg


私が子どもの時に大好きだった絵本をプレゼントしたのだけれど
友達も子どもの頃、同じ絵本を読んでいた!と嬉しい偶然☆
d0159504_14145189.jpg

写真は私が持ってるやつ。ちゃんと新しいのをあげました。(^_^;)
私のは落書きだらけ。

「まいごになったおにんぎょう」はスーパーの冷凍庫の中に
置き去りにされちゃったおにんぎょうのお話。
優しい女の子が小さなお洋服を次々作って届けに来てくれる。
この絵本で「ペチコート」ってものを覚えたな。。。笑

子どもの時に同じ絵本で育った二人は
大人になって全然違う場所で知り合ってもお友達になるんだね。
類は友を呼ぶとはいうけれど、それを実感しました。


---------------------------------------------------------------
子どもと一緒に吉祥寺を散歩。

d0159504_14234626.jpg

移転してから初めて行った「36-Sublo-」。素敵な文房具屋さん。

d0159504_14254782.jpg

武蔵野八幡宮。
初めて境内に入った。手水舎の水が自動で出て来てびっくりした。トイレみたい。
世界の平和をお祈りしておきました。いや、本当に。

---------------------------------------------------------------

見るもの全てが物珍しくて、新しい発見の連続。
そんな子どもの傍で同じ目線で世界を見てみると
大人になって忘れかけてた新鮮さを、また感じられるような気がします。

子ども欲しいな〜ってちょっと思っちゃった。
d0159504_14354513.jpg


疲れて寝ちゃった。
友達と二人、「小さいおばちゃんみたいだね」と笑う。

次に会う時にはまた大きくなってるんだろうな。
また遊ぼうね。楽しみにしています☆
[PR]
by tori78 | 2011-05-09 14:29 | 旅行・イベント

東京旅行〜ACIDMANライブ@武道館

武道館でのACIDMANライブへ招待してもらい
GWのお休みを利用して行ってきた。

来たよ、武道館。
d0159504_18473219.jpg


ツアーバス?もみんな写真撮影してた。
d0159504_18503280.jpg


やっぱり武道館は迫力があるね。
d0159504_18524976.jpg


今回のツアー、本来ならこの武道館ライブがファイナルの予定だった。
でも3.11の震災の影響で新潟と仙台のライブが延期に。
そしてその2公演が、この武道館ライブ後に開催されることに決まったので
6月4日の仙台公演がツアーファイナルとなったとのこと。

仙台人としては、震災を受けて、このツアーのファイナルが「仙台」で行われるというのは、
なんだかすごく意味のあることのような気がして嬉しい。

前回ACIDMANライブを見たのが結構前だった気がするけれど
武道館だからなのか、いや、たぶん私が知らなかっただけなんだけど、
ものすごい盛り上がりようだった。圧倒された!

個人的には「式日」が響いた。

もともと好きだから、というのもあるとは思うけれど
なんでか、こんなことが起こる前のことを思い出した。
3.11前のことを思い出すと、なんだか知らないけど泣けてくる。
でもそれは「起きてしまった絶望感」で泣いてるわけじゃないと思う。
希望を感じることもあるから、泣けてくるんだと思う。
「式日」に希望感あり。

演出で、武道館の天井に大木さんがチリのアルマという場所で撮って来たという
星空が映し出された時も、涙が出てしまった。

↓写真はナタリーから拝借。
d0159504_2046102.jpg

プラネタリウムみたい。

先日のキセルライブに引き続きの星空だったけど
最近は星空見ると反射的に泣けちゃってしょうがない。
涙腺弱くなってて困る、震災後。。。

でも仙台公演でも、あの星空、映して欲しいな。
あの日の星空を思う人がたくさんいるだろうなぁ。
仙台公演はZeppでだから、難しいかな。

大木さんが星について話してくれてた内容が
キセルの時自分が感じた事とちょっとリンクしてた。
星空っていうのは、そういう思いにさせるのかな。

実は3月11日の少し前にも武道館に来ていた私。
3.11を挟んでの武道館。世界が変わる前と後。
同じようでやっぱり違う。

けどまたこうやって、武道館まで来てライブを楽しめるようになるなんて
本当に良かった。
呼んでくれて、ありがとう!!!!

d0159504_20293798.jpg

[PR]
by tori78 | 2011-05-06 15:36 | 旅行・イベント

キセルライブ@仙台市天文台

日曜日、仙台市天文台でのキセルライブへ行って来た。

実は仙台市天文台へ行ったのは初めて。
・・・いい!!!天文台☆ほんとに。また改めて行きたい。

地震の影響で中止になっちゃうのかな・・・と心配していたけれど
"「予定通り開催する」ということが最も大切なことだと思う"
と中止せずにやってくれました。

このイベントは「隠空」という飲み屋さんが主催しているという事もあって、
普段ではあり得ない「天文台でお酒が飲める!」という、粋な計らい付き。
私は柚子酒のロックをいただきました。
d0159504_122181.jpg


お客さんも地震の影響で当初の予定より少ないんじゃないかなぁ…
と思っていたら、満席。当日券も売り切れ!
「自粛」なんて事もあるけど、みんなライブを心待ちにしてるんだよなーと実感。

ライブの前。ほんの短い間だったけど、黙祷の時間。

私は、みんなで「黙祷」するのは初めてだったけれど
なんか、みんなの祈る気持ちに会場内が包まれる不思議な感じがした。
プラネタリウムの丸い天井のせい?σ(^_^;)
でも、祈るって、目に見えないけど、やっぱりパワーがあるのかも知れない。
d0159504_10431614.jpg

(キセルblogから拝借)


キセル兄弟の飾らない、とつとつとしたMCと共に始まるライブ。
歌う二人を照らしていた照明が、だんだんと薄暗くなって・・・

日没後に数十分程体験できる薄明の時間帯を
「マジックアワー」っていうらしいけど
プラネタリウムのマジックアワーに合わせて「マジックアワー」を歌うキセル。

これはプラネタリウムを使ったVJだ!!!なんという贅沢!!!!

夕暮れから夜に。
仙台の夜景が映し出され
そして…ビル群の灯りも消えて満天の星空に。


----------------------------------------------------------------

満天の星空を見上げてたら3.11の日の夜空を思い出した。
停電で真っ暗だったあの日、
余震がきてビビって外に出るとビックリするくらい星がきれいだった。

途中、キセルのふたりが
「星空と言えば、なんですか?」
「星空って、修学旅行とか思い出しません?」
「おまえ、好きな子、おるん?とか言って」
「不思議と星見ながらだと、そんな話しもできたり」
「星空というと、なんか青春真っただ中みたいな感じですねぇ。。。」
みたいな会話をしてた。

そういえば、絵の学校通ってた時
夏の河口湖へ行って、みんなで合宿みたいな事をした。
夜、星を見に行った事も思い出した。
湖越しに見える富士山には、夜中から登山してる人達の
ライトの明かりがゆらゆらしてたなぁ。流れ星もたくさん見えたなぁ。
そういや「好きな子おるん?」みたいな事言ってるやつもいたいた。

忘れてたこと、忘れてた人の事をなんだか色々思い出した。

そしたらふっと、星の数程いる人たちの中で
今まで自分が出会って来た人との出会いが
ものすごい奇跡みたいに思えて来て
今は天国行っちゃったあの人やあの人との出会いも
星が一瞬瞬く間の時間を共有できたってことなんだから
それはものすっごい事だったんだな、とか
今自分の周りにいる人との出会いもなんだかえらく愛おしく思えてきて
なんだかジ—ンとしてしまったよ。
まさかライブ中にそんな事思うと思わなかったけど。

そしてだんだん白んで来る空。
東から朝日が昇って、ライブもおしまい。

この構成、すごいよ。
きっと地震が起こる前からこういう構成だったのだろうけれど
地震が起きた今、余計に「希望」を感じられる構成でとても素晴らしかった。

アンコールでは「くちなしの丘」を。
原田知世に提供したこの歌、とても好きなのだけれど
私はお恥ずかしながら、キセルが歌ってるのは初めて聴きました。

原田知世が歌うこちらは100回くらい聴いてる。




キセルさんのはこちら。お兄ちゃんのぼそぼそ喋りも見れます。




ラストは今ANAのCMで流れている「心の翼」っていう曲。
私はまだ見た事ないけど。

そして、頭上に映し出されたのは・・・夜桜!!
あれは西公園?かな。
今年はお花見出来ていなかったから、思わぬ形でお花見ができて感無量。

内心、ライブ中に地震が来たらどうしようと思いもしたけど
無事、地震が起こることもなく、幸せなひとときが過ごせました。

キセルと、企画して、予定通り開催してくれた方々に、ありがとう。

行けて良かった!
[PR]
by tori78 | 2011-04-25 00:30 | 旅行・イベント

「杜の都 大茶会」〜お茶三昧

5月29・30日と、仙台では恒例の杜の都大茶会が開催。
いろんな流派のお茶席が楽しめるイベント。
街の真ん中の公園で、野点でお茶をいただけます。

私が習っている「江戸千家」は初日の29日にお茶席を。
まだペーペーでお点前には呼ばれないのだけれど
見学に行ってきました。

あいにくのどんより曇り空+霧雨だったけれど結構人来てたー。

d0159504_1972678.jpg

↑こちらは「玉川遠州流」のお席。
水差しやらお茶入れやら花器やらがかわいらしかった。

今回初めて見た「煎茶文雅静庵流」というところのお茶席で
お点前が全部終わったときに
「おたいくつさまでしたっっっ!!!!」
って言ってるのが個人的にすごく面白かった。。。
普段も言いたい。。。「お退屈様でしたっっ!!!」

そして翌日の日曜日もお茶会に呼ばれて行ってきました。
(注)なんかハイソでエグゼな感じがしますが私自身は常に火の車。

仙台の「緑水庵」というところで開かれたお茶会。
友人のさらに友人が習っている教室が10周年記念ということで
開かれたお茶会。アットホームな雰囲気で楽しかった!

d0159504_19242625.jpg

新緑が美しい!!!「緑水庵」っていう名前どおり!

同じ席に入ったのも20代〜同年代の方ばかりで
さらにはお茶を点ててくれたのも半東(はんとう)をしてくれたのも
同じ年のお友達だったので、なんだか新鮮!
(お茶ってだいたいマダム達が多いので。。。(^_^;)

d0159504_11303560.jpg

前の回のお客さん。影が写っていてなんだか風流。

d0159504_21302568.jpg今回もてんてこ舞いになって着た着物。
毎回帯の結び方を忘れていて慌てる。

昔って、お茶席が社交の場だったんだよなー
それっていいなー
今だってそういう場があったら楽しいよなー
若い人だけでやるお茶会ってのも楽しそうだなー

などなど思ったお茶会でした。
[PR]
by tori78 | 2010-05-31 19:37 | 旅行・イベント

ベガルタvs浦和

先週の土曜日はベガルタ観戦。

友達のつてでチケットをいただいて観に行くようになったサッカー観戦も
今年で2年目。J1に昇格したベガルタをとりあえず見守ってはいるものの
今や14位のベガルタ。。。。が、がんばれーーー。
d0159504_18513240.jpg

浦和レッズサポーターってすごいのね。びっくりしちゃった。
応援の声量がものすごい。野太い。ベガルタは声ちっちゃい。

試合は格下のベガルタが踏ん張って、1対1の引き分け。
この日の時点で4位だった浦和としては
勝たなきゃいけない相手だったようで
浦和サポーターの怒りっぷりったらすごかった。

浦和選手への暴言、
宮城スタジアムの椅子破壊(これは熱い応援のせい?)
警備員への暴力、
ベガルタ選手への人種差別発言
などなど、、、

って応援が熱いのはいいと思うけど
フーリガンもどきみたいなのはどうなんでしょ。
d0159504_1945416.jpg

ベガッタくんがスーツ着ててかわいかった。

サッカーの事については全然詳しくないのだけれど
これからの季節はどでかいビアガーデン感覚で
応援、楽しみたいと思います♪
d0159504_199318.jpg

[PR]
by tori78 | 2010-05-19 19:10 | 旅行・イベント

結婚式

d0159504_194230.jpg

日曜日。
中学校時代からの友人の結婚式へ出席するべく
同じく中学・高校時代の友人4人と、
それから、一緒に習っていたお茶の師範である
80歳(!)の先生も一緒に総勢5人でワイワイと
遠足気分で秋田まで行って来ました。

私は今年2回目の友人スピーチ。
前日の夜、父の前で練習をしたときは
どうしても泣いてしまってダメだったんだけれど
本番では緊張のせいなのか?泣かずに意外とすんなり終わっちゃった。
泣きながら読むくらいの方が盛り上がったかもーーーと反省。。。(;^_^A

披露宴は和やかなムードで、
花嫁である友人は泣いたり笑ったり泣いたり、泣いたり、、、
と結構泣いてたけど(笑)
それは馴染みのない土地・秋田へ嫁いで
いろいろ苦労もあっての上で迎えられた結婚式だったから
なおさら、仙台や東京から来た友人に会えただけでも
感無量だったからだろうし
それを知っていると、こちらもなんだかジーーンとしてしまって
全然泣きポイントじゃないところで涙が出てしまったり
なんだか本当に、泣いたり笑ったり、忙しい結婚式でした。(^^)

大感動だったのは、余興のバスケットボールリレーの映像。

3月のはじめに、花婿友人から突然の連絡。
会った事もないし、知らない人だったからびっくりしたのだけれど
余興のための映像を撮るので協力して欲しい、とのこと。

そこから、仙台・横浜・東京。。。と
あちらこちらにいる友人達に声をかけて
それぞれに映像を撮ってもらって集めたのでした。
中にはミラノへ出張中の友人もいて、
ミラノ大聖堂の前からの映像を送ってくれたりなんかして
グローバルなものになりました。(^^)

映像は、バスケットボールが秋田を出発して、
2人が出会った東京へ移動。
2人が暮らしていたマンションの前をボールが転がったり
馴染みだったレストランの前を通ったり、、、と
ゆかりの場所、ゆかりの人が出て来ては繋がっていくという内容。
そして東京を出たボールは今度は仙台へ。

仙台での撮影は私も協力したのだけれど
新郎と新婦の顔のお面をかぶって仙台駅の改札前で撮影したり
ペデストリアンデッキでスキップしたり、、、
d0159504_242334.jpg

と↑こんな感じで今思うとなかなか恥ずかしいのだけれど
完成した映像を見て「やって良かった。。。」と思いました。笑

仙台を出たボールはコロコロ転がって
当日の会場前へ。。。そして新郎新婦の元へ届く、、、
というクライマックス。

本当に何も知らなかった新郎新婦は2人して号泣。新郎も男泣き。
大成功!こちらもとっても感動しました。

たくさんの温かい想いに溢れたいい披露宴だった〜。
楽しい事を一緒に楽しめる相手がいるって素敵だな〜と
羨ましくなっちゃいました!
結婚、いいなぁ。。。(*´∇`*)

2人とも、末永くお幸せにね〜〜☆
[PR]
by tori78 | 2010-05-13 02:11 | 旅行・イベント

感覚ミュージアム、そして菜の花

またまたGW中のおはなし。
(時系列めちゃめちゃです)

「感覚ミュージアムへ行ってみよう!」
と友人に誘ってもらって、岩出山の方まで行ってきました。

仙台より北上しているのであちこちで桜がまだ満開!
今年は桜が長く楽しめてるかも〜
d0159504_13582983.jpg

「ザ・春」という感じの風景。

立ち寄った「あ・ら伊達な道の駅」で食べた厚揚げ。
たまねぎ乗せ放題。おいしいよ。
d0159504_1402949.jpg


感覚ミュージアムは「五感」を使って楽しむミュージアム。
入り口を入ってすぐのところにはこんなマシーンが。
d0159504_13231836.jpg

これ、建築家の福井裕司氏が制作した「サークル・ン・サークル」という機械。
こんな大げさだけど、これで出来る事、それは。。。落書き。
輪の真ん中に寝そべって、手足でペダルを漕ぐと、
壁に模様を描くことができるという代物。わけわからなくて面白い。

トイレもこんな。
d0159504_14261350.jpg


残念ながら、撮影できるのはここまでで、中は撮れなかったので
詳しくはこちらを。。。→

個人的に気に入ったのは「ハートドーム」。
漆塗りの大きなバスタブ?みたいなのの中に寝そべって
色の変わるドームの中で精神浴をする。。。という場所。

ここでしばらく過ごしているとゆっったりとした気分になって
目をつぶってさらに静か〜にしていると
まさに五感が研ぎすまされる感覚が味わえます。

が、GW中ということもあって子供たちの多かったこの日。
静かに目を閉じてあと1歩で別世界に行けそうー(どこ?)と思ったその瞬間、
ドドーーーーーーン!!!!
という音と共に子供がずっこけて頭を強打。幸い何事もなく無事だったけど
一瞬で日常に引き戻されました。。。
ここは空いてる日に、大人だけで行くと五感どころか第六感くらいまで
目覚めていいのかも知れません。

そんな感覚ミュージアムをあとにして、三本木へ。
ここはこの時期、丘一面の菜の花畑が楽しめる場所。
夏になると一転、これが一面のひまわり畑に変わるんだそう。
私はまだ見た事がなかったので楽しみにして畑を目指す。

畑の入り口に「開花が遅れています」との看板がちらりと見えたけれど
途中の道々でも菜の花は咲いていたので
「あの看板、替え忘れてるよーーー!もーいつからあのままなの〜?」
などと言いながら到着。。。。。。。。。。。。。。。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



ほんっとに咲いてない。。。。。
d0159504_145512.jpg

ちーーーーん。
まさかこんなに咲いていないとは。

悔しいけれど、2週間後にリベンジを誓って、菜の花畑をあとにしたのでした。

だけどこの日はいいお天気で、気温も25度!気持ちのいい一日だった〜♪
[PR]
by tori78 | 2010-05-06 15:06 | 旅行・イベント

井上雄彦「最後のマンガ展」

ゴールデンウィークも終盤。3日から始まった
「井上雄彦 最後のマンガ展 最終重版」
を見に行って来ました。
d0159504_23482179.jpg


仙台はメディアテークで展示中。

いやーーー
いやあーーーーー
すごく、いい。。。

上野から2年、やっとこ回って来た仙台ですが
メディアテークでの展示は結構いいんじゃないかと思いました。
空間の使い方とか、壁の置き方とか、よくわからないけど、なんとなく。

「死」に向かう武蔵の心情というか
たくさんの人を斬って生きて来た武蔵の人生を肯定したい、
闇だけじゃなくて光を描きたい、という井上さんの言葉通り、
「光」を感じられる展示だったなーと思いました。

感動してしまったー。泣きそうだった。
d0159504_0102417.jpg

今、バガボンドを1巻から再読中です。
私が読んでいたら父までもが読み始め
猛烈な勢いで読み進む父。追い越されました。

スタッフの人が着ていたTシャツがかわいかった。
撮らせてもらいました。しかもちゃんと仙台弁になってる。笑
d0159504_0141910.jpg

[PR]
by tori78 | 2010-05-06 00:15 | 旅行・イベント