<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

キセルライブ@仙台市天文台

日曜日、仙台市天文台でのキセルライブへ行って来た。

実は仙台市天文台へ行ったのは初めて。
・・・いい!!!天文台☆ほんとに。また改めて行きたい。

地震の影響で中止になっちゃうのかな・・・と心配していたけれど
"「予定通り開催する」ということが最も大切なことだと思う"
と中止せずにやってくれました。

このイベントは「隠空」という飲み屋さんが主催しているという事もあって、
普段ではあり得ない「天文台でお酒が飲める!」という、粋な計らい付き。
私は柚子酒のロックをいただきました。
d0159504_122181.jpg


お客さんも地震の影響で当初の予定より少ないんじゃないかなぁ…
と思っていたら、満席。当日券も売り切れ!
「自粛」なんて事もあるけど、みんなライブを心待ちにしてるんだよなーと実感。

ライブの前。ほんの短い間だったけど、黙祷の時間。

私は、みんなで「黙祷」するのは初めてだったけれど
なんか、みんなの祈る気持ちに会場内が包まれる不思議な感じがした。
プラネタリウムの丸い天井のせい?σ(^_^;)
でも、祈るって、目に見えないけど、やっぱりパワーがあるのかも知れない。
d0159504_10431614.jpg

(キセルblogから拝借)


キセル兄弟の飾らない、とつとつとしたMCと共に始まるライブ。
歌う二人を照らしていた照明が、だんだんと薄暗くなって・・・

日没後に数十分程体験できる薄明の時間帯を
「マジックアワー」っていうらしいけど
プラネタリウムのマジックアワーに合わせて「マジックアワー」を歌うキセル。

これはプラネタリウムを使ったVJだ!!!なんという贅沢!!!!

夕暮れから夜に。
仙台の夜景が映し出され
そして…ビル群の灯りも消えて満天の星空に。


----------------------------------------------------------------

満天の星空を見上げてたら3.11の日の夜空を思い出した。
停電で真っ暗だったあの日、
余震がきてビビって外に出るとビックリするくらい星がきれいだった。

途中、キセルのふたりが
「星空と言えば、なんですか?」
「星空って、修学旅行とか思い出しません?」
「おまえ、好きな子、おるん?とか言って」
「不思議と星見ながらだと、そんな話しもできたり」
「星空というと、なんか青春真っただ中みたいな感じですねぇ。。。」
みたいな会話をしてた。

そういえば、絵の学校通ってた時
夏の河口湖へ行って、みんなで合宿みたいな事をした。
夜、星を見に行った事も思い出した。
湖越しに見える富士山には、夜中から登山してる人達の
ライトの明かりがゆらゆらしてたなぁ。流れ星もたくさん見えたなぁ。
そういや「好きな子おるん?」みたいな事言ってるやつもいたいた。

忘れてたこと、忘れてた人の事をなんだか色々思い出した。

そしたらふっと、星の数程いる人たちの中で
今まで自分が出会って来た人との出会いが
ものすごい奇跡みたいに思えて来て
今は天国行っちゃったあの人やあの人との出会いも
星が一瞬瞬く間の時間を共有できたってことなんだから
それはものすっごい事だったんだな、とか
今自分の周りにいる人との出会いもなんだかえらく愛おしく思えてきて
なんだかジ—ンとしてしまったよ。
まさかライブ中にそんな事思うと思わなかったけど。

そしてだんだん白んで来る空。
東から朝日が昇って、ライブもおしまい。

この構成、すごいよ。
きっと地震が起こる前からこういう構成だったのだろうけれど
地震が起きた今、余計に「希望」を感じられる構成でとても素晴らしかった。

アンコールでは「くちなしの丘」を。
原田知世に提供したこの歌、とても好きなのだけれど
私はお恥ずかしながら、キセルが歌ってるのは初めて聴きました。

原田知世が歌うこちらは100回くらい聴いてる。




キセルさんのはこちら。お兄ちゃんのぼそぼそ喋りも見れます。




ラストは今ANAのCMで流れている「心の翼」っていう曲。
私はまだ見た事ないけど。

そして、頭上に映し出されたのは・・・夜桜!!
あれは西公園?かな。
今年はお花見出来ていなかったから、思わぬ形でお花見ができて感無量。

内心、ライブ中に地震が来たらどうしようと思いもしたけど
無事、地震が起こることもなく、幸せなひとときが過ごせました。

キセルと、企画して、予定通り開催してくれた方々に、ありがとう。

行けて良かった!
[PR]
by tori78 | 2011-04-25 00:30 | 旅行・イベント

石巻 ビフォーアフター

うわわ。これを書いている今も揺れています。。。
まだまだ油断ならない地震。

石巻の叔父の家。
津波で浸水したものの、家自体は流されることなく無事だったのですが
ただ、庭に山のような瓦礫が流れ着いてしまっていて途方にくれていました。

自分たちだけではとても片付けられそうにない、ということで
ボランティア、それから建築業をしている知り合いに頼んで
集中的に片付けをしてもらいました。

その結果!

ビフォー。これ、どうするの?っていう瓦礫の山。。。
d0159504_12124923.jpg


アフター!こんなに片付きました!
d0159504_12124953.jpg


すごいよねぇ!すごいよねぇ!!
あんなにあったのに!

業者の方達が2日間、ボランティアの方が1日、
計3日間かけてここまで片付けてもらえました。
大変だったろうに、、、本当にありがたい。

19日は東京から、妹が片付けを手伝ってくれるという友人2人と共に帰省。
地元の友人1名も加わって、みんなで石巻へ行って来ました。

前日までの陽気と打って変わっての寒空の中
ヘドロが流れ込んだ家の中の消毒作業をしてきました。
消毒剤で家中の壁、床をとにかく拭き掃除。
まだまだやることはたくさんあるけど
それでも当初を思えばずいぶん片付いて来ました。

前回石巻を訪れてから2週間少し経っての今回、
街の中も前回来た時に比べて少しずつではあるけれど
片付いて来ているのを見て、すごいな!と思いました。
コツコツ地道に少しずつだけれど、変化していました。

ただ、いつも通っていてのんびりした風景が好きだったサッカーグラウンド。
ここが遺体の仮埋葬場になっていた。
見慣れた光景がまるで変わってしまっていて、
消えない、震災の爪痕を見た思いがしました。

叔父の家ではまだ片付かない泥だらけの庭の片隅に
水仙が健気につぼみをふくらませていました。
d0159504_12124978.jpg

あの瓦礫にも津波にも負けずにいたなんて、すごいねぇ。えらいねぇ。

叔父の家はだいたい1mくらい浸水。そのため家電はほぼ全滅。
テレビもこのありさま。
d0159504_12125099.jpg

だけど叔父は、洗い流して乾燥させて
奇跡の復活を狙っているようです。。。
半分は無理だろうなぁと思っているけれど、もし復活したら、すごいよね。(^^;)
[PR]
by tori78 | 2011-04-21 17:37

d0159504_2212722.jpg

去年と同じように、また、桜が咲いてる。

去年とは色んなことが違っちゃったけど
桜は変わらず咲くんだなーーー

やっぱり桜はきれいだった!

明日は石巻へ、叔父の家の片付け手伝いに行って来ます!

d0159504_2212750.jpg


がんばるぞー!

実は明日に備えて22時半に早寝したら
2時に目が覚めてしまいこれを書いている。。。苦笑
さて、寝なくては!おやすみなさい☆
[PR]
by tori78 | 2011-04-18 21:46 | つれづれ

靴に願いを。

昨日は久しぶりに出かけてみた。

街の中は、4月7日の地震で追い打ちをかけられて
結構ガタが来てる建物もちらほら。。。
窓ガラスが割れてなくなってたり、壁が崩れ落ちてたり
亀裂が走っていたり。。。。。心配だな。

地震後から全然買い物してなくて
買い物といえば「食料」だったここしばらく。(^_^;)

やっと仙台も暖かくなって来て
春めいた天気も続くし春物が欲しい!の物欲がムクムク。。。

d0159504_11192588.jpg

靴、買っちゃった。

地震の前の日常を日常として取り戻しつつあるけれど
自分だけ、いいのかな、、、って思ったりもする。

時々、石巻で見た光景が頭をさっとよぎったり。

-------------------------------------------------------------------

新しい靴を買うといつも「オズの魔法使い」の魔法の靴を思い出す。
かかとを鳴らせば好きな場所に連れて行ってくれる、魔法の靴。

ドロシーはかかとを3回鳴らして
「おうちが一番おうちが一番」
って願うんだったかな。

みんながかかとを3回鳴らして、おうちに帰れればいいのにな。。。


d0159504_13385933.jpg

[PR]
by tori78 | 2011-04-14 13:42 | つれづれ

どうする、タオさん

昨日は震災から1ヶ月。

復興も進まないし、原発は恐ろしいことになってるし
なんだかいろいろで頭が痛くなって来るー

ちょっとタオさん、どうしたらいいのよーーーー


「そんな時はシェルターに」
d0159504_11214087.jpg


「逃げろーーー」
d0159504_11221192.jpg


丸っ
d0159504_11232433.jpg


「あれ、入りきらない」
d0159504_1212290.jpg


「ダメだこりゃ」
d0159504_1215472.jpg



なんて、ふざけてる場合じゃないよね、この状況。

困ったねぇ。困ったねぇ。
困ったーーーーー(ノД`)
[PR]
by tori78 | 2011-04-12 12:08 |

311のつぶやき

あれからもうすぐ1ヶ月かー。
なんか色々あったような。細かい事はよく覚えてないなぁ。
だからブログつけてるんだけど。

本震より大きい余震はないから、
もうあれ以上大きい地震は来ないよ、大丈夫

なんて言って励ましてくれた人もいたけど
4月7日の余震ももはや本震かと思うくらいでかかったし
とにかく気が休まりません!

家の前のバス通り、バスが通る度に遠くから聞こえるエンジン音が
「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」って地震の地鳴りによく似てるので
いちいちビクっとなって疲れるのーーーー(ノД`)

3.11のTwitter。自分のつぶやき。
d0159504_2019346.jpg

地震前(白)と地震後(赤)で世界は変わっちゃったなー。
[PR]
by tori78 | 2011-04-09 20:27 | 東日本大震災

3月28日/石巻へ

3月28日。
叔父と一緒に石巻へ行って来た。

避難所にいる親戚、自宅に避難している親戚に物資を届けに。
それから浸水してしまった叔父の家の様子もチェックしに。

友人達がたくさん送ってくれた救援物資も持って行った。
加えて、あるボランティア団体の方から
「全国から届いた救援物資を石巻へ少しでも持って行ってもらえれば」
と声掛けしてもらえたので、必要なものを色々いただいた。
d0159504_1516237.jpg

倉庫いっぱいの救援物資!ぞくぞくと運搬されてきているとのこと。
ただ、これを被災地へ運ぶルートがあまりなくて困っているみたいだった。

道中、ずっと自衛隊のトラックと一緒だった。
d0159504_15203928.jpg


石巻には日本製紙の工場があった。
そこから流されて来た紙の材料の材木がいたるところにたくさん。
流れて来たこの材木によって破壊されてる建物もあった。
d0159504_15212777.jpg


石巻専修大学内のボランティアセンターへ。
叔父の家の庭に山のように流れ着いた瓦礫の撤去をお願いしてきた。
が、いつ来れるかはまったく見当がつかないとのことだった。
d0159504_15245014.jpg


自衛隊のキャンプ地。
d0159504_15263393.jpg


町のいたるところに、水をかぶってしまった家具や家電が山積みにされている。
d0159504_15265834.jpg


とにかく、ヘドロとゴミだらけ。
d0159504_15285752.jpg


親戚が避難している公民館。
この日の時点で120名程がここで避難生活を送られているとのことだった。
わずかだけれど、毛布や食料、乾電池やティッシュを届けた。
120個入りのわかめスープがとても喜ばれた。
ずっと同じ白いご飯ばかりだと、飽きてしまうんだと言っていた。
毛布は足りているようだった。
d0159504_15305261.jpg


日和山神社の鳥居。
今年のお正月、家族でここにお参りに来た時はこんなことが起こるなんて
誰も想像していなかった。鳥居の向こうの景色が、一変してしまっていた。
d0159504_15335718.jpg


お花が供えてあった。日和山の麓は壊滅的。
d0159504_15362024.jpg


なにもなくなってしまった。
d0159504_15392546.jpg


公園の案内図。神社と公園のあるこの場所は
春になると桜と、眼下に広がる太平洋が見渡せるのどかなところだった。
今見える景色が本当に嘘のよう。嘘だったらいいのにと思った。
d0159504_1541462.jpg


福岡赤十字の方たちが来ていた。
この町がどんなかを見てから、作業に入るのかな。。。
d0159504_15442570.jpg


家が。。。
d0159504_1624497.jpg

d0159504_1645074.jpg


ここはまだ祖母が生きていた時、よく買い物に来ていたスーパー。。。
d0159504_1661656.jpg

d0159504_1664982.jpg


囲みだけが残っている。
d0159504_169779.jpg

d0159504_1695592.jpg


ジャングルジム。
d0159504_16104580.jpg

d0159504_16114319.jpg


ここは天ぷら屋さんだった。
d0159504_1612569.jpg


この地区には私の親戚も住んでいた。
近頃は全然交流がなかったので記憶が鮮明ではないのだけれど、
子供の頃はよくお年玉をくれていたお茶屋のおじさん。
その日、ひとりで家に留守番していたおじさんが津波に流されてしまったのだと聞いた。


帰りの車から見た夕日。静かな夕日。
d0159504_16151841.jpg


ショックを受けるだろうと覚悟して行ったつもりだったのだけれど
行ってみて実際感じたのは「呆然」という感覚で
ショックを受けるというのとは少し違っていた。

見た事のなさすぎる景色に
頭がついていかない、というのか
何が起こったのかよくわからない、というのか、、、
うまく言えないけど、信じられなかった。

何をどうしたらいいのか、本当によくわからないけれど
目の前のことを少しずつやっていくしかないのだろうな。
[PR]
by tori78 | 2011-04-05 15:45 | 東日本大震災

地震/私の被災生活その8

記録は続くよ。もうちょっと。

今回、本当に本当にたくさんの友達に助けてもらっていて
なんとお礼を伝えたらいいのか、感謝してもしきれない程。
これは忘れたくないので、記録しておきたい!

レターパックで荷物が送れるとわかってからすぐ、救援物資を送ってくれた。
東京から、秋田から、福島から。。。ありがとう!!!
d0159504_19515072.jpg

小さな袋のはずなのに、中身を開けたらこんなに!
駆使して詰めてくれたんだねぇーー!ありがたい。。。!
d0159504_1953599.jpg


元スタッフE氏にもずいぶん助けてもらった。
実家の福島を行ったり来たりする間に、ガソリンを調達して届けてくれたり。。。
d0159504_1957683.jpg

物資もいろいろ運んでくれました。ありがとう!

夜中にこっそりやってきて救援物資を置いて行く、
まるでサンタクロースのような友人にも何度も助けられた。
本当にありがたかった。

東京時代にお世話になっていたレストランのご夫婦も
「なんでもいいから言ってごらん!」と電話をくれた。
電話の声を聞いたらなんだか泣けて来ちゃったなぁ。
d0159504_2055594.jpg

「ふじっ子」がたくさん入ってておかしかった。笑

仙台の友達も、「牛乳とバターが手に入らない」と嘆いていたら
「○○スーパーなら買えます!」と買っておいてくれた!
d0159504_2093737.jpg

↑この3点はこの頃、「手に入りにくいものベスト3」だった。ありがたい☆

専門学校時代からの友達も、アパレルパワーで
避難して来た叔父のために衣類をたくさん送ってくれた。
「なんだか洒落た服がいっぱいだ!」と父/叔父も嬉々としていたよ。
d0159504_2013186.jpg

私の大好きなお菓子も入っていてすっごく嬉しかった!!ありがとう!
d0159504_20155868.jpg


「余った分は他の困ってる人にあげてね」と
段ボール2箱分も救援物資を送ってくれた友達も。
d0159504_20171785.jpg

こちらは、石巻の避難所、親戚へも届けました!

親戚に物資を届けに行った時、
裏の家のお母さんが津波で亡くなったんだと話していました。まだ40才だったのに、と。
残された家族のために、この食材が役に立つと思う!と言っていました。
たくさん送ってくれて、本当にありがとう!

元スタッフTさんも、ホームベーカリーを駆使して
せっせこパンを焼いては届けてくれました。
なかなかパンが手に入らなかったので、すごく嬉しかった!
我が家にあるレーズンと小麦粉がパンになって帰って来た時は魔法みたいだった!
d0159504_20205068.jpg

↑救援物資でもらったプルーンを入れてもらったプルーンパン☆

シャンプーを送ってくれた友達も。。。
贅沢品なのに、、、!!本当に本当にありがとう!!!
d0159504_2025438.jpg


野菜不足を心配して、山盛り野菜ジュースと青汁!を送ってくれた友達も!!
石巻で野菜ジュースを欲しがっていたので石巻へも届けたいと思っています。
(数本私もいただいてしまいました!!)
d0159504_20465973.jpg


遠く離れたサンフランシスコからも!
いてもたってもいられない!という感じで物資を送ってくれた!
d0159504_20581795.jpg

サンフランシスコから讃岐うどんが、、、!そしてタオちゃんのおもちゃまで!
すごいです!ありがとうありがとう!!

他にも、「何か困ってる物はないか」と声をかけてくれた友達もたくさん。
心配に思ってくれていることだけで、ありがたく気持ちがふんわりあたたかくなりました。
ありがとう。気にかけてくれて。感謝感謝です。

地震から3週間が過ぎようとしている今、
仙台の街はだいぶ復旧してきて、百貨店も開くようになりました。
なので、物資に関しては足りるようになりました。

先日、石巻へ行ったときも、入りやすい場所の避難所については
物資が足りているような印象でした。

まだ、行き届いていない場所があるのかもしれませんが
そこまでどうやって届けたらいいのか、
集まって来た物資はたくさんあるけれど
それをどうやって分散させたらいいだろう、、、
集めるた物資をどう運ぶ??というステップで困っているという感じがします。

こんなにみなさんに親切にしてもらって、本当に感謝しています。
すごい友人達を持ったものだと、誇らしい気持ちでいっぱいです。

わたしにもできることって何があるのか、考えます。
なにができるか、どこまでできるか、わからないけれど、
みんなから、こんなにもらった親切を、
自分も誰かに返せるように動いていけたらと思います。

ありがとう!
[PR]
by tori78 | 2011-04-02 19:59 | 東日本大震災

地震/私の被災生活その7

また被災生活の記録。
写真でざーっと振り返る。

3月17日の朝、また友達が救援物資を届けてくれていた。
今度は山形まで買い出しに行ってくれたんだそう。。。
自分だったら同じ事が出来るだろうか。本当に、ありがたい。
d0159504_1839340.jpg


この日はしんしんと雪が降る。
大粒の雪がみるみるうちにどんどん積もって行った。
d0159504_18421558.jpg


友達が6日間お風呂に入れていない、というのでお風呂に呼ぶ。
友達は多賀城から来たのだが、そちらはまだ水が出ていないとのこと。

父、母、叔父、私、友達とで昼食に昨日作ったカレーを食べる。
普段なら、まずない顔ぶれだろうけど、こういう時はなんでもあり。

この日は夜に、ご近所の友達親子も入りに来た。
「お風呂もらいにきました〜!」
とやって来て、風呂上がりにお茶飲みしながら少ししゃべって。。。

なんか、懐かしい感じ。
不便で嫌なこともあるけれど
こういう温もりは普段はあまり感じられないかも。



翌日の朝ご飯。
まともな朝ご飯を食べられていることに感動。
d0159504_18515532.jpg


昨日とはうってかわっていい天気。
キラキラの雪の上で遊ぶタオさん。
地震後、猫の存在にだいぶ癒されている。。。
d0159504_1853341.jpg


散歩の途中できれいなツララを見つけた。
d0159504_18553872.jpg

d0159504_18555538.jpg

d0159504_1858182.jpg

ポカポカ暖かくて、町は一見すると本当に地震があったのかと思う平和さ。。。
多少の不便はまだまだあるものの、私の住む地区はもうすでに、
少しずつ日常を取り戻そうとしているのを感じる。

スーパーへ3時間並んだ父と叔父が帰って来た。
だいぶ食材も増えたようで、こんなにたくさん買えたそうだ。
野菜類は入荷があり、その他のものは在庫のものを売りさばいているようだった。
d0159504_1905513.jpg

↑こんなの、スーパーで普通に買い物した量だと思うかもしれないけれど、
こんなに買えるって、ちょっとした感動もので
みんなの一番の関心ごとは「食料の調達」だった!

満月がきれい。
19日は月と地球が最接近する「スーパームーン」だったとのこと。
私はギリギリまでこらえていたのだけれど、、、結局眠気に負けてしまった!
d0159504_1951257.jpg


夕食。地震の前から冷凍庫に眠っていたかさごの煮付け。
普段から母が冷凍食品を貯め込んでいたのが功を奏した。
d0159504_1991026.jpg

早くに電気が復旧していた地区に住む友人へ預けていたため腐らずに済んだ。

まさかこんな中で、かさごを食べるとは思わなかった。。。
[PR]
by tori78 | 2011-04-02 18:48 | 東日本大震災

3月15日/石巻の被災状況

父が叔父を探して石巻へ行った3月15日。

記録のために父が撮って来た写真。
UPしてみる。


流されて来た車や木っ端だらけ。道路も泥だらけ。
d0159504_16284986.jpg



叔父の家。幸い、流される事はなかったが、
庭一面が瓦礫の山。これをどうしたらいいのか途方に暮れる。
遺体が発見される可能性もないわけではないから
瓦礫の撤去は自衛隊がやるとかいう話もあるが。。。
d0159504_16294267.jpg



玄関。津波の跡が残っている。この高さまで浸水した。
家の中の家電製品は全滅。
d0159504_16334516.jpg



道路がこの有様で車では通行できない。
d0159504_16344330.jpg



石巻は石ノ森章太郎の町。
右手に見える白い建物、石ノ森萬画館へ延びる橋には車や船が。
d0159504_16382728.jpg



町の中にも船が。
d0159504_16404110.jpg



とにかく、めちゃくちゃ。ありとあらゆる物が流されている。
d0159504_16442378.jpg

[PR]
by tori78 | 2011-04-01 16:41 | 東日本大震災