東京旅行〜友達の子どもとお散歩

お腹の中にいるときから知っている
友達の子どもに、1年ぶり?くらいに会った。

子どもの成長の早さに驚く。
子どもがこんなに成長してる間に、自分は何やってたんだろう?!
赤ちゃんだった子がしゃべれるようになってるんだから
自分もこの子が赤ちゃんの頃から英語の勉強でも始めてれば
今頃この子と同じくらいにはしゃべれるようになってたのでは?!と毎回思う。。。苦笑
d0159504_1444325.jpg


私が子どもの時に大好きだった絵本をプレゼントしたのだけれど
友達も子どもの頃、同じ絵本を読んでいた!と嬉しい偶然☆
d0159504_14145189.jpg

写真は私が持ってるやつ。ちゃんと新しいのをあげました。(^_^;)
私のは落書きだらけ。

「まいごになったおにんぎょう」はスーパーの冷凍庫の中に
置き去りにされちゃったおにんぎょうのお話。
優しい女の子が小さなお洋服を次々作って届けに来てくれる。
この絵本で「ペチコート」ってものを覚えたな。。。笑

子どもの時に同じ絵本で育った二人は
大人になって全然違う場所で知り合ってもお友達になるんだね。
類は友を呼ぶとはいうけれど、それを実感しました。


---------------------------------------------------------------
子どもと一緒に吉祥寺を散歩。

d0159504_14234626.jpg

移転してから初めて行った「36-Sublo-」。素敵な文房具屋さん。

d0159504_14254782.jpg

武蔵野八幡宮。
初めて境内に入った。手水舎の水が自動で出て来てびっくりした。トイレみたい。
世界の平和をお祈りしておきました。いや、本当に。

---------------------------------------------------------------

見るもの全てが物珍しくて、新しい発見の連続。
そんな子どもの傍で同じ目線で世界を見てみると
大人になって忘れかけてた新鮮さを、また感じられるような気がします。

子ども欲しいな〜ってちょっと思っちゃった。
d0159504_14354513.jpg


疲れて寝ちゃった。
友達と二人、「小さいおばちゃんみたいだね」と笑う。

次に会う時にはまた大きくなってるんだろうな。
また遊ぼうね。楽しみにしています☆
[PR]
# by tori78 | 2011-05-09 14:29 | 旅行・イベント

東京旅行〜ACIDMANライブ@武道館

武道館でのACIDMANライブへ招待してもらい
GWのお休みを利用して行ってきた。

来たよ、武道館。
d0159504_18473219.jpg


ツアーバス?もみんな写真撮影してた。
d0159504_18503280.jpg


やっぱり武道館は迫力があるね。
d0159504_18524976.jpg


今回のツアー、本来ならこの武道館ライブがファイナルの予定だった。
でも3.11の震災の影響で新潟と仙台のライブが延期に。
そしてその2公演が、この武道館ライブ後に開催されることに決まったので
6月4日の仙台公演がツアーファイナルとなったとのこと。

仙台人としては、震災を受けて、このツアーのファイナルが「仙台」で行われるというのは、
なんだかすごく意味のあることのような気がして嬉しい。

前回ACIDMANライブを見たのが結構前だった気がするけれど
武道館だからなのか、いや、たぶん私が知らなかっただけなんだけど、
ものすごい盛り上がりようだった。圧倒された!

個人的には「式日」が響いた。

もともと好きだから、というのもあるとは思うけれど
なんでか、こんなことが起こる前のことを思い出した。
3.11前のことを思い出すと、なんだか知らないけど泣けてくる。
でもそれは「起きてしまった絶望感」で泣いてるわけじゃないと思う。
希望を感じることもあるから、泣けてくるんだと思う。
「式日」に希望感あり。

演出で、武道館の天井に大木さんがチリのアルマという場所で撮って来たという
星空が映し出された時も、涙が出てしまった。

↓写真はナタリーから拝借。
d0159504_2046102.jpg

プラネタリウムみたい。

先日のキセルライブに引き続きの星空だったけど
最近は星空見ると反射的に泣けちゃってしょうがない。
涙腺弱くなってて困る、震災後。。。

でも仙台公演でも、あの星空、映して欲しいな。
あの日の星空を思う人がたくさんいるだろうなぁ。
仙台公演はZeppでだから、難しいかな。

大木さんが星について話してくれてた内容が
キセルの時自分が感じた事とちょっとリンクしてた。
星空っていうのは、そういう思いにさせるのかな。

実は3月11日の少し前にも武道館に来ていた私。
3.11を挟んでの武道館。世界が変わる前と後。
同じようでやっぱり違う。

けどまたこうやって、武道館まで来てライブを楽しめるようになるなんて
本当に良かった。
呼んでくれて、ありがとう!!!!

d0159504_20293798.jpg

[PR]
# by tori78 | 2011-05-06 15:36 | 旅行・イベント

キセルライブ@仙台市天文台

日曜日、仙台市天文台でのキセルライブへ行って来た。

実は仙台市天文台へ行ったのは初めて。
・・・いい!!!天文台☆ほんとに。また改めて行きたい。

地震の影響で中止になっちゃうのかな・・・と心配していたけれど
"「予定通り開催する」ということが最も大切なことだと思う"
と中止せずにやってくれました。

このイベントは「隠空」という飲み屋さんが主催しているという事もあって、
普段ではあり得ない「天文台でお酒が飲める!」という、粋な計らい付き。
私は柚子酒のロックをいただきました。
d0159504_122181.jpg


お客さんも地震の影響で当初の予定より少ないんじゃないかなぁ…
と思っていたら、満席。当日券も売り切れ!
「自粛」なんて事もあるけど、みんなライブを心待ちにしてるんだよなーと実感。

ライブの前。ほんの短い間だったけど、黙祷の時間。

私は、みんなで「黙祷」するのは初めてだったけれど
なんか、みんなの祈る気持ちに会場内が包まれる不思議な感じがした。
プラネタリウムの丸い天井のせい?σ(^_^;)
でも、祈るって、目に見えないけど、やっぱりパワーがあるのかも知れない。
d0159504_10431614.jpg

(キセルblogから拝借)


キセル兄弟の飾らない、とつとつとしたMCと共に始まるライブ。
歌う二人を照らしていた照明が、だんだんと薄暗くなって・・・

日没後に数十分程体験できる薄明の時間帯を
「マジックアワー」っていうらしいけど
プラネタリウムのマジックアワーに合わせて「マジックアワー」を歌うキセル。

これはプラネタリウムを使ったVJだ!!!なんという贅沢!!!!

夕暮れから夜に。
仙台の夜景が映し出され
そして…ビル群の灯りも消えて満天の星空に。


----------------------------------------------------------------

満天の星空を見上げてたら3.11の日の夜空を思い出した。
停電で真っ暗だったあの日、
余震がきてビビって外に出るとビックリするくらい星がきれいだった。

途中、キセルのふたりが
「星空と言えば、なんですか?」
「星空って、修学旅行とか思い出しません?」
「おまえ、好きな子、おるん?とか言って」
「不思議と星見ながらだと、そんな話しもできたり」
「星空というと、なんか青春真っただ中みたいな感じですねぇ。。。」
みたいな会話をしてた。

そういえば、絵の学校通ってた時
夏の河口湖へ行って、みんなで合宿みたいな事をした。
夜、星を見に行った事も思い出した。
湖越しに見える富士山には、夜中から登山してる人達の
ライトの明かりがゆらゆらしてたなぁ。流れ星もたくさん見えたなぁ。
そういや「好きな子おるん?」みたいな事言ってるやつもいたいた。

忘れてたこと、忘れてた人の事をなんだか色々思い出した。

そしたらふっと、星の数程いる人たちの中で
今まで自分が出会って来た人との出会いが
ものすごい奇跡みたいに思えて来て
今は天国行っちゃったあの人やあの人との出会いも
星が一瞬瞬く間の時間を共有できたってことなんだから
それはものすっごい事だったんだな、とか
今自分の周りにいる人との出会いもなんだかえらく愛おしく思えてきて
なんだかジ—ンとしてしまったよ。
まさかライブ中にそんな事思うと思わなかったけど。

そしてだんだん白んで来る空。
東から朝日が昇って、ライブもおしまい。

この構成、すごいよ。
きっと地震が起こる前からこういう構成だったのだろうけれど
地震が起きた今、余計に「希望」を感じられる構成でとても素晴らしかった。

アンコールでは「くちなしの丘」を。
原田知世に提供したこの歌、とても好きなのだけれど
私はお恥ずかしながら、キセルが歌ってるのは初めて聴きました。

原田知世が歌うこちらは100回くらい聴いてる。




キセルさんのはこちら。お兄ちゃんのぼそぼそ喋りも見れます。




ラストは今ANAのCMで流れている「心の翼」っていう曲。
私はまだ見た事ないけど。

そして、頭上に映し出されたのは・・・夜桜!!
あれは西公園?かな。
今年はお花見出来ていなかったから、思わぬ形でお花見ができて感無量。

内心、ライブ中に地震が来たらどうしようと思いもしたけど
無事、地震が起こることもなく、幸せなひとときが過ごせました。

キセルと、企画して、予定通り開催してくれた方々に、ありがとう。

行けて良かった!
[PR]
# by tori78 | 2011-04-25 00:30 | 旅行・イベント

石巻 ビフォーアフター

うわわ。これを書いている今も揺れています。。。
まだまだ油断ならない地震。

石巻の叔父の家。
津波で浸水したものの、家自体は流されることなく無事だったのですが
ただ、庭に山のような瓦礫が流れ着いてしまっていて途方にくれていました。

自分たちだけではとても片付けられそうにない、ということで
ボランティア、それから建築業をしている知り合いに頼んで
集中的に片付けをしてもらいました。

その結果!

ビフォー。これ、どうするの?っていう瓦礫の山。。。
d0159504_12124923.jpg


アフター!こんなに片付きました!
d0159504_12124953.jpg


すごいよねぇ!すごいよねぇ!!
あんなにあったのに!

業者の方達が2日間、ボランティアの方が1日、
計3日間かけてここまで片付けてもらえました。
大変だったろうに、、、本当にありがたい。

19日は東京から、妹が片付けを手伝ってくれるという友人2人と共に帰省。
地元の友人1名も加わって、みんなで石巻へ行って来ました。

前日までの陽気と打って変わっての寒空の中
ヘドロが流れ込んだ家の中の消毒作業をしてきました。
消毒剤で家中の壁、床をとにかく拭き掃除。
まだまだやることはたくさんあるけど
それでも当初を思えばずいぶん片付いて来ました。

前回石巻を訪れてから2週間少し経っての今回、
街の中も前回来た時に比べて少しずつではあるけれど
片付いて来ているのを見て、すごいな!と思いました。
コツコツ地道に少しずつだけれど、変化していました。

ただ、いつも通っていてのんびりした風景が好きだったサッカーグラウンド。
ここが遺体の仮埋葬場になっていた。
見慣れた光景がまるで変わってしまっていて、
消えない、震災の爪痕を見た思いがしました。

叔父の家ではまだ片付かない泥だらけの庭の片隅に
水仙が健気につぼみをふくらませていました。
d0159504_12124978.jpg

あの瓦礫にも津波にも負けずにいたなんて、すごいねぇ。えらいねぇ。

叔父の家はだいたい1mくらい浸水。そのため家電はほぼ全滅。
テレビもこのありさま。
d0159504_12125099.jpg

だけど叔父は、洗い流して乾燥させて
奇跡の復活を狙っているようです。。。
半分は無理だろうなぁと思っているけれど、もし復活したら、すごいよね。(^^;)
[PR]
# by tori78 | 2011-04-21 17:37

d0159504_2212722.jpg

去年と同じように、また、桜が咲いてる。

去年とは色んなことが違っちゃったけど
桜は変わらず咲くんだなーーー

やっぱり桜はきれいだった!

明日は石巻へ、叔父の家の片付け手伝いに行って来ます!

d0159504_2212750.jpg


がんばるぞー!

実は明日に備えて22時半に早寝したら
2時に目が覚めてしまいこれを書いている。。。苦笑
さて、寝なくては!おやすみなさい☆
[PR]
# by tori78 | 2011-04-18 21:46 | つれづれ